アトピーのスキンケアについて

乳児アトピー性皮膚炎での治療の大切なポイントの一つにスキンケアがあります。
乳児のころは皮膚も未発達ですので、大人ならなんでもないことも、病気の原因になります。
菌なども入りやすいですので、アトピー以外にも注意が必要な時期でもあります。

人間の皮膚は周囲の空気に常に触れています。
空気にはホコリ等も含まれていますし、常に汚れた環境にあると言ってもいいでしょう。
清潔にしているつもりでも、実は結構皮膚は汚れているものなのです。
その為、スキンケアの基本は清潔・保湿の2つとなります。
皮膚が乾燥すると痒みも出やすいものですので、保湿も大切なポイントです。

清潔に関しては、40度以下のぬるま湯で入浴しましょう。
40度以上のお湯の場合、皮脂が落ちやすくなってしまいますので、余計に痒みを感じてしまう場合もあります。
髪から順番に洗っていき、石けんは十分に泡だて、その泡で洗います。
よくタオルなどを使用する場合もありますが、人の手が一番優しく洗う事が出来ます。
洗いすぎは皮脂を落としてしまいますし、皮脂は皮膚を護る大事な役割をもっています。
低刺激性のものを使い、皮膚を綺麗にしていきましょう。

保湿の回数に関しては、保湿剤には副作用もありませんので、気になる時に使ってあげましょう。
基本は朝の着替えの時やお風呂あがりで、裸になるタイミングでいいと思います。
ただ、外出時、特に冬は皮膚が乾燥しやすいですので、たっぷり塗ってあげましょう。
スキンケアの基本はこの2つですので、マメに行ってあげましょう。

このページの先頭へ