乳児アトピー性皮膚炎の特徴

アトピーは子供の頃の起こる事が多い皮膚病ですが、乳児の頃も多く発生します。
乳児アトピー性皮膚炎の特徴としては、皮膚に痒みを伴う赤い湿疹ができる事がまずあります。
ジクジクした湿った感じの湿疹で、その症状が二ヶ月ほど続きます。
一度では治まらず、再発を繰り返すのもこの乳児アトピー性皮膚炎の特徴ですね。
痒みを伴いますので、掻き傷も多く出来てしまいます。
通常は皮膚にはバリア機能がありますので、こういった症状は起こりにくいのですが、乳児は皮膚のバリアがまだ弱いです。
その為、通常は防御可能なものまで皮膚に浸透、症状が出てしまいます。

湿疹が出来る部位は、首や背中、関節部位に起こります。
額や目の周り、それに耳切れなど皮膚の弱い部分に起こりやすいですね。
アトピー性皮膚炎の原因はいくつかあり、食物など体の外から入ってくるのが代表的です。
これは食物性アレルゲンと言います。
その他に吸い込むことが原因になる花粉やカビ、接触が原因になる油や洗剤、石けん、薬や日光も原因になります。
他に自己の免疫機能や寝不足、ストレスも要因になりますね。

皮膚症状はニキビやあせもなどと間違いやすい症状でもあります。
その為、アトピーが疑われる場合は早期に専門医に受診しましょう。
血液検査などでアトピーなのかを知ることが出来ます。
結果が出れば、それに従い対応も可能になりますし、乳児の負担の軽減も早くなります。
疑いがある場合はまずは受診してみましょう。

このページの先頭へ