子供の食物アレルギーは早めの対応を

子供のアレルギー疾患はここ最近で急増しているといわれています。
特に、食物アレルギーの場合は、早めにきちんとした対応をすることで、それが原因による不快な、あるいは、深刻な症状を軽減したり抑えたりすることが可能です。
それには、やはり、親の自己判断による対応ではなく、病院へ行って医師とコンタクトを取りながら地道に対応を続けることが肝心ではないでしょうか。
一歩間違えば、アナフィラキシーを起こしてしまう可能性もありますので、自己流で対処するのではなく、医師のアドバイスを受けるのがよいです。
離乳食時期が来たら、特に注意してほしい食品は、卵と牛乳と小麦ですね。
これらは、いろいろな食品に使われている食材でもありますし、そのぶん、赤ちゃんも口に入れる機会が多くなります。
ところが、これらの三食品は、食物アレルギーを起こしやすいものとして、よく挙げられます。
離乳食時期もですが、母乳で育児をしている場合は、母親がこれらの食品をよく食べていたら、赤ちゃんに症状が出たという場合もあります。
湿疹や嘔吐、口や唇の異常等の気になる症状があれば、病院で診てもらうことをおすすめします。

このページの先頭へ