子供のぜんそくはどんな病気?

子供の喘息とは、どういった病気なのでしょうか。

わかりやすく説明すると、呼吸がしにくい、そういった症状が喘息です。

狭い気管を呼吸のたびに空気が通り、ヒューヒューという音とともに呼吸がしにくくなります。

発症年齢は2歳以下で、患者の約60%、小学校入学前のお子さんが90%を占めると言われています。

子供には決して少なくない病気の一つと言えます。

喘息の原因は、諸説ありますが大きな原因の一つに、妊娠中の母親の喫煙が上げられます。

生まれてきた赤ちゃんが、風邪を引きやすかったり、それが徐々に夜になると呼吸がしにくくなる、といったような方向へ行ってしまいます。

しかし、きちんと治療すれば、成長とともによくなる病気なので、治療方法が大切です。

では、どういった治療法があるのでしょうか。

つまり、発作か起こる前に防ぐ方法を考えなければなりません。

もともと、細い気管が原因なのでスポーツをするなどして期間を太く、強くすることが最善の方法だと言えます。

もちろん、投薬と言う方法も有効な手段なので、医師と相談されることも必要です。

もしも、家庭で発作が起こってしまったら、どんな対処法があるのでしょうか。

症状を観察し、腹式呼吸をすること。

それでもだめなら背中をさすったりして、呼吸を落ち着けるように心がけましょう。

しかし、顔色が急変してきたり、呼吸困難が続くようであれば、すぐに医師による診察を受診される必要があります。

この病気を完治させるには、親の正しい知識とそれによる正しい対応がカギを握ります。

このページの先頭へ