子供の喘息と季節

娘が3歳の時の秋に喘息を発症してしまいました。

元々主人に喘息の既往があり、遺伝しなければいいなあと切に願っていました。

しかし遺伝してほしくないことは遺伝してしまい3歳の時に発症してしましました。

私の中では気を付けていたのですが、季節の変わり目に風邪をひかせてしまい、その後喘息発作がでてしまいました。

横になるとヒューヒューゼイゼイと眠れなく、頭を高くしたり、抱っこしたりして、不安な夜を過ごしました。

朝起きると、顔は真っ青、唇も紫色になっており朝一病院に駆け込み、吸入をしてもらいました。

それからしばらく吸入に通いました。

それ以来子供の咳には特に気を遣うようになりました。

予防薬は毎日飲んでいますが季節の変わり目には、注意しています。

特に夜間せき込むことが多々あります。

寝入ったころ夜間早朝と、せき込みもどしてしまうこともしばしば・・・抱きかかえて寝ることもあります。

本人も私も夏から秋にかけては睡眠不足が続きます。

そこで体力持久力をつけるために水泳も習わせています。

なるべく薄着に心掛け、外遊びを多く取り入れるようになりました。

幼稚園に上がり、年齢も上がり、体力もついてきたのが、以前よりは咳をすることは少なくなりました。

今からの季節は油断でません。

初めての発作以来大きな発作は起きてなく今は内服薬でコントロールされています。
今後年齢を重ねるにつれて、薬を飲まなくても日常生活に支障がなく生活できたらなと強く願っています。

このページの先頭へ