子供の喘息は環境改善から

喘息というのは子供のころから発症しやすい病気になりますので、周りの大人たちが環境を整えてあげることが大切だと思います。

風邪をこじらせたり、不衛生な環境だったり、いろいろな原因から症状がひどくなりますので、身のまわりのことから気をつけてあげるべきですね。

小児科医の中では、呼吸器系も合わせて診察やワクチンの接種などをしてくれるところがあります。

まず薬の量が違いますので、症状がひどい子だとそれだけ量が増えます。

学校での体育の授業で、激しい運動が困難になることもあったり、やはり不敏な生活を余儀なくされてしまうこともあるようですね。

しかし、小さなころからきちんと治療をうけることによって、ちょっとずつ良くなるのです。

胸にはって呼吸を楽にしていく薬や、吸入器を持ち歩いていつでも緊急に備えたり、飲み薬を決まった回数をきちんと飲んで徐々に喘息の体質を改善することが大切です。

環境的な部分では、ホコリなどを常にキレイにしてあげましょう。

不衛生な生活になってしまうと、ますます治りづらくなってしまいますので、子供のお部屋を掃除したり、エアコンや空気清浄機を清潔にして回してあげることも改善する一つの方法になります。

ただクリニックで薬を飲むだけでは一時的に改善されても、また症状がでてしまうケースもありますので、体調管理をするためにも環境的な改善をしてあげることが重要になるかと思います。

子供から大人になった時に治療が続いてると大変です。

このページの先頭へ