外で遊ばせずに子供の咳に対処する

少し子供が咳をしているというだけでは直ぐに対処を始めない親御さんも多いです。
特に小さな子供であれば元々から平熱が高い目だという子も多いですから、熱を測っても大差は無いのだから放っておけば大丈夫と考えてしまう事が多い為なのですが、咳をしていて熱が無いという時は普段の呼吸が弱っていないかをチェックしてあげてください。
熱も無いのに苦しそうだという場合は肺や喉に異常が出ている場合もあり、その異常のせいで呼吸が弱ってしまっている場合もあるのです。
呼吸が弱った時というのは口にする食べ物にも気を遣わないといけません。
あまり喉を痛める様な辛い食べ物などはなるべく避けておいた方が良いですし、熱すぎる食べ物も良くないので、身体が弱っているからと言って熱々のおかゆなどをあげない様に気を付けましょう。
程よい温度で消化にも良い食べ物を与えておく事が大切です。
そして特に気を付けなければいけないのが外出させないという事で、子供というのは少し体調が悪い程度であれば外に出て友達と走り回りながら遊んでしまう事もあります。
まだ熱も出ていないのだから大丈夫だと思い込んでしまっている親御さんに特に多いミスであり、気付けば友達にもウイルスを感染させてしまっていたという事もありえます。
呼吸が弱っている状態で走り込む事によって余計に体力が弱ってしまい、そのせいで病気の症状が悪化してしまうという事もありえますから外出はなるべく控えておきましょう。

このページの先頭へ