子どもの肥満が増えている理由

昔よりも肥満の子供が多くなっている原因の一つには、運動不足が挙げられます。
ベビーブーム世代では、隣近所に同じ歳ぐらいの子供がいて良く遊んだ経験がある方も多いと思いますが、現在少子化で近くに友達がいない子供増えています。
過疎の進む地域では、小学校の全校生徒でも同学年の子供がいない学校もあります。
近くに友達がいないと数人以上で行なうスポーツやかくれんぼうなどの運動が出来る遊びができなくなってしまいます。
この為ゲームなどで遊ぶことが多いのですが、ゲームは同じ体勢をとり続けてしまうので、運動による消費が少ないのが肥満の問題になるでしょう。
昨今は健康食ブームで高カロリー食などが敬遠される状態にありますが、それでも昔に比べると飽食かも進んでいますので、おいしいものしか食べなくなる子供います。
おいしいと感じるものは、高カロリーや高脂肪、高タンパク質である事が多く太りやすい傾向になってしまいます。
また食事も西洋化されていますので、高カロリー食を手軽に摂取できる傾向にあるのも問題になるでしょう。
外食する場所も増えていますが、自宅の食事と異なって高カロリー食になりやすいです。
揚げ物や肉類、あるいはチーズ類が沢山含まれるような食事も低格で提供されるようになって来ています。
昔よりもずっと高カロリー食になってきてますし、問題は食べた分だけ消費されていかないのもあるでしょう。
身長などは昔よりも高くなる傾向にありますので消費されるカロリーも増えていますが、昔のように食べるのにも苦労する時代ではなくなっているのが肥満傾向の問題点でもあります。

このページの先頭へ