赤ちゃんの便秘は母乳が原因?

母乳は赤ちゃんにとって完全な栄養と言われます。

babまた便秘を防止する上で有益な成分も含まれています。母乳に含まれるオリゴ糖が腸内のビフィズス菌を増やし、腸の働きを活発にするのです。

それでも完母で育つ赤ちゃんでも便秘になることがあります。

ひとつの原因として考えられるのが、母乳の質の低下です。

たとえば、出産後に無理なダイエットをすることなどで、母乳の質は影響を受けることがあります。

さらにママが揚げ物や糖分の多いものをたくさん食べると、それも母乳に影響します。そのような母乳はドロドロしたり、冷えやすくなるといわれます。

その結果、赤ちゃんも腸を冷やしたり、便が詰まりやすくなって便秘につながるということなのです。

さらにそのようなおっぱいは、赤ちゃんにとって吸うために力が必要なので、汗をかいて水分不足になることもあるようです。水分不足も便を硬くして便秘につながります。

ですから、母乳で育つ赤ちゃんで便秘になりがちなら、まずはママの食生活から見直してみるということが必要かもしれません。

便秘になったときの解消法として、手軽に行なえるのは綿棒を使って浣腸をしてみることです。

慣れないとうまくいかないこともありますが、こちらのサイトにやり方のコツが説明されていましたのでご参考にしてください⇒赤ちゃんの便秘と綿棒浣腸の注意点

もう一点母乳で注意したいのは、母乳の量に関することです。

量が足りてないと、そもそもうんちの元になるものが少ないわけですから、出ない日が続くということがあるかもしれません。

母乳の量については、赤ちゃんの体重増加の傾向で判断するしかありません。気になるときは、保健師さんやお医者さんと相談して、ミルクを足すなどの対策が必要です。

ところで、何日かうんちが出てなくても必ずしも便秘というわけではありません。赤ちゃんは腸がまだ十分に発達していませんから、規則正しく出るということはあまりないのです。

数日出ていなくても、食欲があり、機嫌が良いなら心配はありません。心配なのは、排便時に苦しそうにしていたり、食欲がなかったり、お腹が張っているときです。このようなときは注意をしておきましょう。

このページの先頭へ