赤ちゃんのスキンケアが大事な理由

赤ちゃんのスベスベの素肌はとてもうらやましいですね。

でも、赤ちゃんの肌は大人よりもずっと傷つきやすくてデリケートにできていることをご存知でしょうか?

赤ちゃんは皮膚のバリアとも言える角質層の厚さが大人の約半分しかありません。またバリア機能自体もまだ弱くて、1歳を過ぎる頃まではダメージを受けやすいのです。

ですから、すぐにあせもやオムツかぶれなど湿疹ができてしまいます。

さらに、エアコンによる乾燥が原因で、肌のバリア機能がさらに低下して、アトピー性皮膚炎などに悩んでいるお子さんも増えているようです。

赤ちゃんの肌はきれいだから何もしなくて大丈夫と考えずに、きれいな肌のうちからそれを守るためにスキンケアをしっかりと行なってあげてください。

洗顔や入浴については、お肌に刺激の少ない無添加の石鹸を使用して優しく身体を洗ってあげて下さい。

洗いすぎはよくないので、優しく洗ってあげるようにして、入浴後はしっかりと保湿をしてあげることが大切です。

また肌の状態と関係のある要素にアレルギーがあります。

食物アレルギーによる湿疹や動物の抜け毛やダニによる皮膚炎などにより、肌に症状として表れることがあるのです。

離乳食が始まってから、湿疹があらわれ始めたというようなときは、食物アレルギーによることも疑われますから、食事の内容を記録すると共に、病院でアレルギー検査を受けておきましょう。

アレルギーを含めて、どのような原因による肌トラブルであれ、清潔と保湿が改善のポイントとなります。

赤ちゃんの顔や体を清潔にし、保湿剤などで外部のダメージを大切ですが、同時に室内環境にも気を配りましょう。

部屋を清潔に保ち、こまめに掃除機を掛けたり、エアコンのクリーニングをして空気を清潔に保つようにして下さい。

また乾燥しがちなら、加湿器なども活用しましょう。

猫などのペットを飼育している場合は、赤ちゃんが眠っている部屋には入れないように工夫をすることが大切です。

このページの先頭へ